スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずUTAUで遊んでみました。

2008年05月01日
音源はPENTAXの音声合成ソフトVoiceTextのHARUKAさんを使用。
使った声は全部「あ」の一音。面倒なので、全部「あ」。
部分的にオートピッチかけた後ピッチ微調整。
ビブラート追加、ポルタメントとかも微妙に修正。

とりあえずテストとしてU.N.オーエン歌わせてみました。
HARUKAさんによるオーエンのサビ

どうでしょうか?俺としては驚愕の出来なのですがw
まず第一に、声がコロ助になってません。通常普通にピッチを
上下させただけだと、1、2度動かしただけで聴くに堪えなくなります。
それがコレだとかなり自然に、あたかも歌っているように聴こえます。
これぞ本家顔負けのフォルマントフィルターの賜物ですw

更に実は、元の音素のピッチの揺れを自動で修正してくれてます。
元の「あ」一音でもその中でピッチの変動は起こっていて、
引き伸ばすと「↓あ~↑」といった間抜けな音になります。
このソフトは元の音素の高さを自動で決定し、更にその音素の
ピッチ変動を解析し、正しいピッチに修正してくれます。

ピッチが高くなるとアタックが強くなったり、ノイズが大きくなって
聴こえますが、フリーソフトとしてのこの技術はすごいです!
更に使い込めばもっと自然な調教も可能だと思われます。

あと個人的にほしい機能としては、元の音素自体にも
エンベローブをつけれたらいいかな?とか思ったり。
それとノートプロパティをいじると時々ノートが消滅するバグあり。

今後のUTAUの進化にも期待していますが、
現時点でも十分に使えるソフトだと思います!!
俺もこれから使いこせるように練習します。
ひょっとするとこれは音声合成の新しい次元への第一歩かもしれません。
現在開発中と噂されているVocalListenerともあわせて、
これからの音声合成技術にはかなりwktkですね!!

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。