スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミングが悪すぎる人間

2009年02月16日



YESの転換期にあたるアルバム「リレイヤー」より
約21分の大曲「錯乱の扉」

聴き所はもちろん8:00から12:50まで続くカオスゾーン
CDで聴くと更に音が凝縮されて凄いことになってます。


なんでもこの曲、ボーカルが殆んど弾けないピアノを弾いて
曲のイメージを作ったり、ドラマーが弾けないギターを弾いて
コードを作ったり、道端の廃品置場で拾った車のパーツやら
何やらをスタジオに吊るして、それを叩いて音を出したり、

挙句の果てにはその廃品達を吊るしたラックを
そのまま床に叩きつけてその騒音を録音したという
まさに正真正銘やりたい放題やった曲らしいです。


更に言えばこれに続く2曲目の
「Sound Chaser」もこれに匹敵するほどやりたい放題だったり・・・


スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。