スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フックアップ フリーのDAW「ACID Xpress 7」発表

2009年01月21日
・DTMn - 過去のニュース : フリーの音楽ソフト「ACID Xpress 7」
http://www.dtmm.co.jp/archives/2009/01/acid_xpress_7.html

コレACIDmusicstudioと同程度の能力があるなら
そこそこ使い易いハズですよ。

それこそ1万3千円出してACIDms7
買った自分が馬鹿みたい
になるほどにですw

ただACIDms7使って不具合や面倒な設定とかがあったので
とりあえずここに書き込んどきます。

DAWの情報交換って意外と行われていないので
ACIDXpress7を導入する方や、これからACIDシリーズを
購入しようという方の目安になればと思います。

・VSTiプラグインの設定を保存してくれない
&VSTiを新しく読み込むと一つ前のVSTiが初期化されるバグがある

 これは新しくなって改善されているかもしれませんが、
 もし直ってなかったらいちいちプラグイン設定を
 読み込む度に保存しなくてはいけません。

・オーディオバスを立ち上げられない
 製品情報ではこの仕様についてほとんど
 触れていないので知らないとかなり驚きます。
 リバーブ・ディレイなどのエフェクトは各チャンネル
 個別に立ち上げなくてはいけません。負荷の無駄。
 もちろん必要なパートだけグループ化して
 コンプレッサー処理・・・といったこともできません。

 Pro版への移行を促す為の仕様と言われています。

・VSTの全てのパラメーターはオートメーション不可
 コレが一番キツイ仕様制限です。というか、
 ループシーケンサーとしてこの仕様はアリなのかと。
 VST・VSTi問わず全てオートメーションできません。
 オーディオはボリューム・パンのみオートメーション可。
 (効果はエフェクト経過後の音にのみかかるので
 空間系のエフェクトを使う際には注意が必要です)

 これもPro版への移行を促す為の仕様と言われています。

・MIDI打ち込みのベロシティの初期値が64から変更できない
 打ち込みを多用する人にとってはかなり
 面倒くさい仕様です。多分Proでもこの仕様。
 VSTiの設定でVelが弱くても強く発音するように
 設定しておくとやりやすいです。

・一部のVSTエフェクトが使えない
 これはどんなDAWでも起こり得るバグなんですが
 BPMを同期させて使うタイプのVSTは基本使えません。
<例> ShattersyncやmachinといったStepSequencer系
 dblueのGlitchは多少誤動を起こしてますが何とか動きました。
 エレクトロニカ系の作曲者は注意が必要です。

・MIDI録音はオーバーライトしか使えない
 なぜこういう仕様なのかはわかりませんが
 重ねて録音しようとすると下のMIDIが消えます。
 設定変更などはできません。

 それでもやりたいという人はもう1チャンネル
 同じMIDIをコントロールするチャンネルを作って
 擬似重ね録りしなければいけません。

あとコレはウチだけの不具合かもしれないけど
ASIOドライバのバッファを強めにかけると
かなりの頻度で落ちます。ものすごい困ります。

あと細かいところですが5連符などを打ち込む時も
若干面倒くさいです。

というか一番困るのが、これだけ不具合があるのに
フックアップさんに全くアップデートをする気が
無いあたりです。廉価版だから仕方ないね。

でも、これらの不具合が残ってたとしてもフリーソフトで
これだけの機能が付いていたらたいしたものです。
トラック10の制限もさほど気にならないと思います。
 (といっても自分は1曲で20近くトラックを作って
  しまうのでこの制限だとちょっとキツイですが)

ニコニコNSMMHSレベルのノンストップMIXなら
このDAWでサクサク作ることができると思います。

興味がある方は是非使ってみると良いと思います。
(と、言いつつ今回の俺の記事が使ってみようと
思わせられる記事だったかというと正直微妙だ・・・)

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。