スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡音ルカが発表されてそこそこ経ちましたが

2009年01月11日
いろいろな記事、イラストを見てきた個人的な感想を言うと・・・
やばい。ルカかわいい。超かわいい。

自分の中のツボに嵌ってしまったらしいです。

勝手な希望を言うとルカ様の髪はさらさらストレートより
若干ボリュームを持ったモコっとしたアレンジが好みですw
(もうすでにルカ様という呼称は定着しているようです)

例で言うと↓こんな感じ
巡音ルカ / アカヤイ [pixiv](Pixivユーザーのみ閲覧可)

あと、巡音ルカのデザイン元ですが、どうやら
↓これか↓↓これっぽいです。
Yamaha VL1
http://www.yamaha.co.jp/design/
products/1990/vl1/index.html

Yamaha VP1
http://yamaha.jp/product/music-production/synthesizers/vp1/

今回はクリプトン側から「管楽器」というヒントもあったので
比較的特定が簡単でしたね。

古シンセ好きな自分としては木目調のデザインは
MinimoogやProrhet-5を思い起こさせて誠に嬉しいですw

・・・といいつつ、実は「鏡音リン・レン」のデザイン元が
浅倉大介プロデュースのEOS BXであるということを
ついこの間まで知らなかった俺なんですが・・・

だ・・・だってEOSと言えばB200かB500の世代だし・・・!
第一BXなんて代物実物見たことないし
BXは丸スピーカーじゃないもんねーっw!!(←負け惜しみ)

・・・・・・安いEOSあったら一台ほしいなぁ・・・クスン


そういえば、完全に勝手な解釈ですが
MEIKOのデザインはClaviaのNord Lead 1
KAITOのデザインはNovationのSupernova Ⅱ
それぞれ元になってるんじゃないかと推測しています・・・

全然YAMAHAじゃないですね、スミマセン
だって、ほら!両方アナログモデリングシンセだし!!
MEKOの方がお姉さんだから先にリリースされてるし!?

あと余談ですが、欲音ルコのデザインに合うシンセは
Roland社のJupiter-8Juno-106がピッタリだと思います。
亜種ということでライバル社のシンセだし、
漆黒のボディに赤と青のオッドアイなんてピッタリだと思いません?

ハク、ネル、テト、がくぽについては知りません。
誰か考えてくださいw。


<追記>
ハクについて考えた結果、みんなのお姉さん的立場、
また、灰色のカラーリングとその豊満なBodyをふまえたうえで、
Yamaha往年の250kgの名器GX-1を推すことにします。

もしくはDX以前のYamahaシリーズで灰色で
チック・コリアなどがライブで愛用していたというCS01
落下して指を押しつぶすシンセと言われて恐れられた
廉価版シリーズのクソ重シンセMO8を挙げときますw


<更に追記>
重音テトと亞北ネルには、それぞれKorgの
KARMAKAOSSILATOR割り当てました。

かなり無理矢理気味な気もしますが・・・
まあKorg同士でバッチリなんじゃねーの!?

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。