スケッチブックサウンドトラック&スコアブック

2007年12月27日
激しく今更な気もしますが、本日村松健さん作曲によるTVアニメスケッチブックサウンドトラックとスコアブックを買って参りました。(本当はパーフェクトガイドブックを買いに行ったんだけど、売ってなかった)

いやぁサントラよかったですよ!村松健さんの紹介の文にわらべ歌や島歌とJazz/Brazilianと親しい距離で成長した音楽とありますが、まさしくその通りの曲ぞろいだったと思います。主旋律がモロに日本音階なのに和音のせいでサントラで聴くまで全くそれに気づかなかった曲なんてのも有りました。

Jazzなどの曲を聴くと、複雑難解な和音構成がどのようになっているのかとても気になるのですが、あいにく俺の低スペックな耳と頭では解読することが出来ません・・・orz ただ、どの曲もかなり緻密に構成されていることはわかります!聴いててとても気持ちのよくなるアルバムだったと思います。あぁ、こんな曲を俺も書いてみたいッ・・・。

ただ、「人見知りなままで」などにドラムを追加したのは必要であったのかはちょっと疑問です。なんか1回マスタリングしたものの上にそのまま別パートを乗っけたような浮き方をしていた気がするんですが・・・気のせいですかね。


続いてスコアブックなのですが、これは完璧に偶然にゲットしました。ちょっと前にこれを探しに町中の本屋をめぐったりしたのですが、そのときはどこにも売ってなかったのに!・・・と思ってたら今日偶然立ち寄った古本屋さんに売っているのを見つけてしまいました。

面白かった。面白かったですよ!本間さんも遊佐君もカッコよかったし、西川はヘタレだし。那須香はカワイイし、舞礼人は見せかけキャラだし。・・・でもこれって杉清・・・ゲフンゲフンッゲフンッ!!!!

・・・・・・小箱先生って戸塚先生のマンガ好きだったんだね。というかマネージャー連載中からこれは思ってたことだからいいんだけどね。


それはそうとオマケのツチノコの話の栗原先輩の台詞に「とたん先生って科学哲学も齧ってるのか?」と思ってしまった。最近読んだ科学哲学の本にそういったことが書いてあったので勝手にそう思ったのですが・・・。スケブ1巻には何故かニュートンとデカルトが出てくるしね。


とりあえず良い買い物が出来たと思います。今度はパーフェクトガイドブックを買おうかなぁ。でも見つからないしなぁ・・・注文するかなぁ・・・。

明日から2週間ほど帰省ですよ。奇声ラーーーッシュッ!!!! ぐべぇ。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示