fc2ブログ

重箱の隅

ネットの片隅で俺がこそこそと需要があるかどうかわからない物を書いていくブログです。
重箱の隅 TOP  > 

新しいブログ作りました!!

心機一転、新しいブログを立ち上げました!!

■惑星Pのメモ帳
https://wakuseip-blog.blog.jp/


こちらのブログは趣味の話が主でしたが、新ブログではDTMの実用的な話などをメインに書いていこうと思います。

どれぐらいの頻度での更新になるか分かりませんが。こちらも読んでいただけたらありがたいです!

スポンサーサイト



[ 2037/04/06 21:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

[宣伝] 楽曲制作依頼を承ります。 [WakuseiP - 惑星P]

試験的に音楽制作の仕事を募集してみます。
現在のところ、メインとしてゲームや動画のBGM制作を考えています。

BGM制作は、主に2つのプランを設定しています。
フリー音源でなくオリジナル曲を使いたい。
フリー音源だけでは場面がまかなえない、といった時にご活用ください。

ほかにも、Remixの依頼なども承りますのでよろしくお願いします。


[5000円プラン] 1週間以内で納品を予定

簡素な作りの16~32小節ほどのループBGM
それなりにしっかりとした4~8小節の短いループBGM
(メインモチーフを作り変えるリテイク不可。出来上がった曲から1回の細部変更が可能です)

<サンプル>
●簡素なバトルBGM

●爽やかなダンスポップ

●短いループのストリングス曲

●極めて短いループの一例




[10000円プラン] 1週間以内にサンプルを提出、2週間以内に完成版納品を予定

それなりにしっかりとした16~32小節ほどのループBGM
そこそこのクオリティの32~64小節ほどのループBGM
(ラフができた時点で一度サンプルを提出し、メインモチーフの作り変えを含む1回のリテイクが可能。出来上がった曲から1回の細部変更が可能です)

<サンプル>
●日常系の少しデジタルなBGM

●アイリッシュ(ケルト)調の牧歌的なBGM

●バトル系EDM(若干オーケストラ風味)




[Remix制作依頼……30000円] 2週間ほどで納品を予定

(Remix制作は、原曲の著作権を依頼者本人が管理できる楽曲に限ります)

<サンプル>





そのほか、歌モノの作曲・編曲については要相談となります。(基本40000円以上となりますが、内容により異なります)
お仕事のご依頼は、ブログ右のメールフォームか、TwitterでのDMにて受付しております。お気軽にご相談ください。


[ 2037/04/05 00:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(1)

杜夢(惑星P)の投稿サイトアレコレ

杜夢(惑星P)が作品を配信・販売しているサイトをまとめました。
(イラスト系コンテンツはR-18指定の作品を含むので注意してください!)

<有料コンテンツ>

[Bandcamp](音楽)https://wakuseip.bandcamp.com/

[BOOTH](音楽、イラスト素材など)https://jubakonosumi.booth.pm/

[Fantia](R-18イラスト・動画など) https://fantia.jp/fanclubs/5000

[DLsite](R-18イラスト・動画など)https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG53511.html

===================

[Ofuse](商品を売ってるわけではないけど、お金とメッセージを送信可)https://ofuse.me/#users/8967

===================

<無料コンテンツ>

[Soundcloud](音楽、現アカウント)https://soundcloud.com/nagisa_tennohji

[Soundcloud](音楽、旧アカウント2)https://soundcloud.com/planetwakusei

[Soundcloud](音楽、旧アカウント1)http://soundcloud.com/wakuseip

[Pixiv](イラスト、R-18アリ)http://www.pixiv.net/member.php?id=174474

[ニコニコ動画](動画、現アカウント)http://www.nicovideo.jp/mylist/7565783

[ニコニコ動画](動画、旧アカウント)http://www.nicovideo.jp/mylist/1308632

[ニコニ・コモンズ](フリー素材)https://commons.nicovideo.jp/user/89848

[YouTube](動画)https://www.youtube.com/channel/UC2uKcjSsb4qlvrEGRqLj20Q/featured

[ 2037/04/04 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Brand New Day (16bit Strike Back!! Remix) / クランとリオン Remixed by 惑星P フルサイズを公開しました!

さて、以前より試聴可能だった「クランとリオン Brand New Day リミックスコンテスト」(通称#クラリミコン)に投稿したRemixのフルサイズを公開しました!

タイトルは「Brand New Day (16bit Strike Back!! Remix)」です!




現在、SoundcloudではDLを解放中ですので、音源を入手したい方はお早めにどうぞ!!




今回は制作にまつわる話を、いくつかかいつまんで書こうと思います。


 まず、イントロが始まってから1:13までは「N社の○ービィゾーン」です。何でイントロからここまでが○ービィになったのかというと、実は今回のRemixではリハモナイズに難航しまして、明確な方向性が決まらないままダラダラとBメロまで進んでしまったのです。しかし、Bメロ頭のコードを「Bb7」というコードに付け替えた瞬間、これまでクールだった楽曲が一転してズンドコ感に変わってしまったのです。私はこの変貌ぶりに大きな衝撃を受け、それなら「このコードを生かすためだけにここまでの全ての展開を作ってしまおう」という結論に至り、このような○ービィ風になったのでした。ちなみに○ービィ風になる前はもっとFuture Bassみたいになる予定でした。

 ちなみに、○ービィのBGMといえば個人的に16分音符の和音アルペジオだと思っているのですが、今回の作曲ではNora CMというアルペジエーターが大活躍しました。といっても結構不具合のあるプラグインで、MIDIが鳴りっぱなりになったりして大変でした。誰かもっと良いアルペジエーター知らない……?

 イントロのシンセベルのアルペジオはchipsynth SFCのAtlantis、途中左から鳴ってるシンセベルはchipsynth SFCのFantasyaです。いい音ですね…… Fantasyaは明らかにR社のシンセベルの音ですが、Atlantisは何だろう……?


 次に、1:13から2:10までは「S社のF○ゾーン」です。途中で曲調を変えるのは最初から既定路線でした。なぜなら私が極めて飽き性だからです。F○ゾーンはサビの部分だけブラス音色にSF45 Libraryを使っています。なぜなら私がF○5が大好きだからです。しかし、SF45 Libraryのブラスだけでは若干音が細くなってしまうように感じられたため、うすーくMagical Boxのブラスを重ねてあります。

 ストリング音色はMagical Boxの物を使ったのですが、ホーン音色はいろんな音源をごちゃまぜで使った記憶があります。なかなか狙った通りの音にハマってくれないんですね。当時のゲーム音楽の作曲家さんたちはさらにもっと大変な苦心をされていたんだろうなぁと思います。

 1:47の部分にちょっとしたSEが入っていますが、これはSF45 LibraryとSF6 Libraryの音を使って自作したSEです。いま思うとこのSEはサビ前に入れた方が盛り上がったかもしれませんね。また、1:58にベースがブルーノートスケールを使って下降していくフレーズを入れたのですが、この部分だけは森彰彦さんのミスティックアークのBGMを意識しています。しかし自分の実力では格好よく決まりませんでしたね。森先生の真似はまだ早いということです。


 次に、2:10から2:32まではリオンさんのラップパートで、名付けるなら「魔王パート」です。主に参考にしたのはF○6のラストバトルですが、このパートのために○マンシング・○ガシリーズのBGMも勉強しました。ドラムがメタルっぽいのはその影響ですね。コーラスの裏打ちやフルートの高速アップダウンは完全にF○6の影響です。このパートでは特にSF6 Libraryの音色を多用しています。


 次に、2:32から2:55までは、「S社のCTパート」です。このパートがCTになったのは、私が光田康典さん大好きだからなのと、所有している音源にCTで使えそうな音源が結構入っていたからです。しかし、このパートは私が勢いあまっていろんな音色を入れすぎてしまい、結果的にどのパートが主役なのか分からない煩雑としたパートになってしまいまた。

 特にSitarの音とBonangの音は本家ほどの印象的な響きには到底ならず、埋もれてしまっています。ここはもっと時間をかけて編曲をやり直すべきところでした。


 次に、2:55から3:23までは「なんか静かなパート」です。ここは正直言って何も思いつきませんでした。ネタらしいネタも入ってません。しかし、元ネタが無いゆえなのか割と神秘的な響きになったので結構気に入っているパートでもあります。


 3:23から4:09までは「UTゾーン」です。ここにきて16bitゲームではなく、割と最近のゲームです。ここでは生音系の音源を一気に入れて、バリバリのロックサウンドにしました! ここで何故いきなりUTなのかという話ですが、実はUTのBGMには某16bitゲームをリスペクトしたと思しき音色がいくつも入っているのです。というか、おそらくN社のM○2のROMから抽出した音源をそのまま使ってるのでは? という音色が散見されます。Toby FoxさんはM○2のハックロムで有名な人ですからね。その人が今ではN社の公式の仕事をしているというのも凄まじい話だと思います。

 そこで、UTが16bit音源を多大にリスペクトしているということなので、今回はそのリスペクトのリスペクトをやってみようと思い立ったことでこのような編曲になりました。UTの○EGALOVANIAのイントロで有名なあのシンセの音は、おそらくM○2のギター音色の一部をサンプリングして作ったのではないかと言われていますが、今回は再現音源を使用ということでchipsynth SFCに含まれているギター波形から似た部分を拝借し、それを音源として使用しました。コツとしてはピッキング部分をあえて外して中途半端な部分をサンプリングすることです。

 そのほか、ストリングス音色はKONTAKT FACTORY LIBRALYのストリングスアンサンブル、ドラムはAddictive Drums 2を使用。ギター音色は、かなり昔に買ったImpact SoundworksのShreddage 2 SRPです。今では一世代前の型落ち音源であり、コードストラム機能とかも無い困った音源なのですが、こういった曲調の時は大活躍しますね。現在では「Shreddage 3 Serpent」という後継機が出ているので、いまから欲しい人は後継機の方が高機能なのでこっちを買うと良いと思います。


 4:09から最後までは通称「ゲームオーバーゾーン」です。元ネタとしては完全にN社の○ーパー○リオコレクションのゲームオーバーBGMなのですが、完全に一緒にならないようにフレーズとかを結構作り変えています。というか、この音源の参考になる動画が意外と見つからず、実機の直撮り動画みたいなのから苦心して聞き取ったというシンドイ思い出があります。地味にこのパートは裏コードを使った独特なコード進行をしており、ゲーム音楽作曲家の方の作曲知識の高さに感服する限りです。


 最後に、今回リミックスコンテストとしては全く受賞ならず、箸にも棒にもかからない結果となったわけですが、自分としては「16bitゲーム機再現音源」という可能性を多くの人に紹介できたのではないかと割と満足しています。私個人のセンスとしてはもう枯れ枯れの出涸らしなのですが、こういった音源を使って新たな表現を開拓してくれる作曲家が現れることを心待ちにしております。


[ 2023/04/04 23:30 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

クランとリオン「Brand New Day」リミックスコンテストに応募しました & オススメSFC音源紹介!

この動画の、1:31:17付近から自分の曲の紹介がされています

試聴できるのは1分30秒までですが、良かったら聴いてみてください
今回はSFCの再現音源を使ったゲーム音楽風で作りました





<音源紹介>
動画のコメントで、「おすすめの16bit音源を教えてください!」と書き込まれていたのでここで紹介します
(実機音源を使ったと思われた方もいたかもしれませんが、全部再現音源です)


■Magical Box
https://www.toysounds.com/

76種類のSFC音源を搭載したKONTAKT音源。最初に導入するのにオススメ
一つのゲームに特化しておらず、「あのゲームの特徴的なあの音」みたいな音色が多くて使いやすい。スネア以外のドラム音色がちょっと少な目な気がするので、そこを何かでカバーするとよいかも

KONTAKT音源ですが、音源を立ち上げてから音色を指定するタイプなので音色選びが楽です。ただ、そのせいか無音時にもすこ~~~しだけCPU消費があります。普通に使う分には全く気にならない量ですが、今回のように調子に乗ってトラック数を増やしまくると気が付いたら結構なCPUを消費してたりするかもしれません



■chipsynth SFC
https://www.plogue.com/products/chipsynth-sfc.html

スタンドアロンでも動作する音源。非常に多くの波形を収録していて、ドラムやパーカッションも多いです。それだけでなく、なんと手持ちの波形でも読み込ませればSFC仕様にダウンコンバートして鳴らしてくれるという優れモノ。さらに、ただ波形を鳴らしておらず内部でSFCの音質を再現して鳴らしているので、普通のサンプラーでは出せない実機感を出すことができます。(回路をエミュレートしてるのか、IRを使ってるのかは謎)

ただし、実機音質を再現するがあまり若干負荷が高いです。これは本体設定を変えたりしても下がりませんでした。たくさん立ち上げても台数の割に負荷はあまり増えなかったので、複数立ち上げると負荷分散してるのかも? それでも少し重い

裏技として、本体収録の波形はWav自体にループポイントが埋め込まれているため、KONTAKTに読み込ませると最初からループが指定された状態で読み込まれます(PitchやADSRは自分で指定する必要がある) 今回は音色数が多かったため、この方法で負荷を減らして使いました……




■SF45 Library & SF6 Library
https://twinkledisc.booth.pm/

某S社(現在はS・Eか)のRPGの再現に特化した、twinklediscさんの音色集
それぞれのゲームに特化した音源なので、他2つに比べて少しだけ音色の幅は狭いですが。そのゲームっぽさの再現度はピカイチ。SF6 Libraryはオーケストラ音色が多いのも良ポイントです。「このゲームで鳴ってるのは覚えてるけど、普通の音源では手に入らないシンセの音」とかも収録されているのが非常に良いところだと思います。本当にどうやって再現したんだコレ……? また、それぞれの音源に別ゲームっぽい音色もオマケとして入っているので、実は別ゲーっぽい音も出せたりします(SF45にはク○ノ・ト○ガーっぽいシンセとかが入ってました)

それぞれの音源にVST版とKONTAKT版があるのですが、KONTAKTを持っていたらKONTAKT版を買っておいた方が良いです。私はSF6 LibraryをVST版で買ったのですが、私の環境ではプロジェクトを読み込みなおすと音色が別の音に切り替わってしまうバグが発生することがあります。その場合は対策として「波形選択のパラメーターにオートメーションを書く」という力業で対処しています。Studio oneではこれが楽にできるのであまり苦ではないのですが、ほかのDAWだとちょっと面倒くさいかもしれません……

これらの音源のほかに、twinklediscさんには「SRS123 Library」という音源もあるのですが、自分はまだ入手しておりません。安価な音源なのですが、現在ほかに優先すべき音源が多々あるので未入手。そのうち購入したい……






自分の持ってるSFC音源(16bitゲーム再現音源)は以上になります。今回はこれら全部使いました

他に知ってる音源としては、Super Audio CartKojiなんかもあるんですが、再現度を見るとそこまで優先して入手する必要もないかな~と思ったり
特にKojiはレトロゲー音色というよりCASIOの音なのでは……?
そういや、昔Simple Samples Audioも2つSFC音源出してたんだけど、気づいたらショップから消えてたんだよね……

[ 2023/03/23 22:56 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

杜夢(惑星P)

Author:杜夢(惑星P)
別名:惑星P
杜夢は「とむ」と読みます
絵とマンガとアニメと音楽が好き。特に4コマ漫画とプログレ。

もともとDTM作曲家として活動していましたが、病気による聴力の悪化で音楽方面の活動を一旦休止。現在、Bandcamp、Soundcloudなどで少しずつですが活動を再開させています。

数年前からもっぱらTwitterにいてBlogは放置気味。

作ったものは右のリンクから見たり聴いたり買ったりできるはずです。